FC2ブログ

オーストラリアの専門学校や大学からオンライン学習のご案内

皆さまこんにちは。

今回は、コロナの影響で留学に行きたくてもまだ出発ができない学生さんや今後留学を検討している学生さんに対して、
オーストラリア政府からオンライン学習の無料提供のご案内が参りましたので共有をさせて頂きます。

どこからでも、どなたでもご参加いただける授業となりますので、ご興味のある方は是非お問い合わせくださいませ。

★参加型ライブ授業スケジュール(予定)★


6月30日 (火)16:30 - 17:30 
TAFEクイーンズランド
【アカデミック講義】トラベル・ツーリズム-旅行業におけるセールス基礎-


7月1日(水)17:30 - 18:30
ニューサウスウェールズ大学附属英語学校
【英語授業】名門語学学校の体験レッスン


7月1日(水)12:30 -13:30
ニューカッスル大学附属英語学校
【英語授業】アドバンス英語クラス:スピーキング


7月2日(水)12:00 - 12:45
ウーロンゴン大学附属語学学校
【英語授業】オージー★ウェイ


7月2日(水)17:00 - 18:00
EFシドニー校
【英語授業】シドニーの魅力と文化


7月3日(金)12:30 -13:30
ニューカッスル大学附属英語学校
【英語授業】アドバンス英語クラス:ライティング


7月4日(土)10:00 - 11:00
クイーンズランド大学附属英語学校
【アカデミック講義】ポケモンは創ることができる!?パート2


7月5日(日)15:00 - 16:00
サザンクロス大学
【アカデミック講義】南極の科学-冷たい海で暮らす生物たちから生まれたアイデア


7月6日(月)12:30 -13:30
ニューカッスル大学附属英語学校
【英語授業】一般英語クラス:スピーキング


7月7日(火)12:30 -13:30
ニューカッスル大学附属英語学校
【英語授業】一般英語クラス:ライティング


7月7日(火)16:30 - 17:30
TAFEクイーンズランド
【英語授業】進学準備英語コース


7月8日(水)16:00 - 17:00
サザンクロス大学附属英語学校
【英語授業】アカデミックライティング基礎


7月9日(木)17:00 - 18:00
EFシドニー校
【英語授業】EFシドニーが教える英語上達学習法


************************************************
株式会社海外教育研究所(エデュケーションジャパン)
お問い合わせ先:03-6402-9339
メールアドレス:info@kaigaikyoiku.jp
************************************************

はじめまして。石井里佳と申します。

こんにちは。
4月より新しく海外教育研究所に加わりました、石井 里佳です。

先日より何度か都市の最新情報の記事にて投稿させていただいておりますが、
今回は私の今までの留学経験と入社するきっかけについてお話できればと思います。

私が初めて海外に渡航したのは、高校2年生の春休みに参加したオーストラリアの短期交換留学でした。
この留学が私の人生の最も重要なターニングポイントと言っても過言ではありません。

というのも、高校時代の私は自分に自信が持てず、特にこれといった目標のない漠然とした生活を送っていました。
そんな中、憧れの先輩が、姉妹校があるオーストラリアの高校に短期交換留学プログラムに参加、全校集会で発表する姿を見て、私も行ってみたい!と軽い気持ちで参加したのがきっかけでした。

「初海外」「ホームステイ」「英語環境での授業」
と、どれも初めてだらけの毎日で2週間の留学期間はあっという間に過ぎてしまいましたが、
帰国後の私の中で確かな変化がありました。

留学中、全てが初めての連続で、挑戦する姿勢を身につける事が出来たおかげで、
“何事もチャレンジしてみないと分からない”という精神が私の中の行動軸となりました。

その後大学では観光マネージメントを専攻、海外の観光業を実学で学びたいという思いから、1年間休学しフィリピンとオーストラリアに留学。ワーキングホリデー制度を利用しグレートバリアリーフのクルーズ船の乗務員として働きました。

この経験で得られたことは、失敗から学ぶ力・度胸・積極性・諦めない忍耐力です。
クルーズ ホワイト


大学卒業後は、日本の旅行会社に就職し、仕事をしていく中で本当に自分がやりたかった事について考えるようになり、
もう一度海外に渡航する事を決意、一年間ニュージーランドに行きました。
NZでは現地の観光船で勤務、フルマラソン出場やファームステイ南島一周旅など
新しい挑戦と、自分の足で出来るだけ多くの場所に行き、人に会う事をテーマに生活していました。

蒸気船 IMG_5338.jpg


海外生活では、可能性は自分の行動次第で幾らでも切り拓けると感じる機会が多くあります。
そこで、出会った人たちのおかげで得られるチャンスや広がる可能性もあります。

海外に出るきっかけを作ってくれた憧れの先輩、現地クルーズ船の会社を紹介してくれたホストファザー、
私の背中を押してくださった方を挙げたら切りがないですが、私にとって貴重な経験に繋げてくれた
その “きっかけ”をとても大切に感じています。

留学に行くと決めた理由は些細な事でしたが、あの時に行くと決めた一歩は私の中で結果的に大きな一歩となりました。
IMG_5337.jpg

これから新たに挑戦しようとする人たちの背中を押せるように、
また皆さまが一歩を踏み出すきっかけとなる良きサポーターになれるよう努力していきたいと思います。


石井里佳


[More...]

ロンドン最新現地情報★

こんにちは。石井です。

ニュースにも出ていますが、英国の政府は先日、感染者数と死亡者数が減少している結果、
ロックダウンを一部緩和し、外出の自由を拡大する見通しを発表しました。(5月11日付情報)

現地スタッフからも、少しづつですが、収束に向けて国民全員が努力していますという報告と共に
ロンドン郊外の自宅周辺の写真やロックダウン中の生活の様子が届いたので紹介します。

家前道路 木

 
郊外ということもあり緑が大変多く、スタッフの家のすぐ隣には
森があり、その周りには閑静な住宅地が広がり散歩には最適とのこと。
まるで絵のような青い空と美しい草原で、羨ましい限りです・・

ロックダウン中、日に一度の奥様との散歩がほっと息抜きが出来る時間だそうです。

青空・草原


時間がある今だからこそ、何気ないひと時に安らぎや癒しを感じ、
日常の中にある景色の美しさに気づくことができる良い機会かもしれませんね。


今後の学校再開については、
英国では、6月から幼稚園児と1年生、6年生のクラスが始まるという発表があり、
今後の方針について議論が行われているとの事です。隣国の アイルランドの学校は、
9月の新年度から予定通り始まるとの発表もありました。
この状況が収まり、また多くの留学生に、英国に学びにきてほしいと現地スタッフも申していました。

今後も他国や他都市の近況も届きましたら随時ご報告いたします。


石井

************************************************
株式会社海外教育研究所(エデュケーションジャパン)
お問い合わせ先:03-6402-9339
メールアドレス:info@kaigaikyoiku.jp
************************************************

[More...]

バンクーバー最新現地情報★


こんにちは。石井です。
先月から海外教育研究所のメンバーに加わりました。

入社まもなくテレワーク体制となり、家で仕事をさせて頂いていますが、今、自分にできることは何だろうと考えながら日々過ごしています。

今日はカナダのバンクーバーに住む現地スタッフから届いたバンクーバーの街の様子や、カナダ人の困難な状況のなかに楽しみを見つける工夫など、自粛生活において『今できることのヒント』を頂けたので紹介します。

バンクーバーのあるブリティッシュコロンビア州では徐々に落ち着きが見えはじめ、再開するお店も出始めているようです。街や商店街の至るところでアーティストによるペイント活動が行われており、その大半の作品が、最前線で働かれている方々への感謝やリスペクトを表すものだそうです。自粛で静まり返った街に色を添え、アートを通じて勇気をもらっている街の人も多いとのことでした。

1 2


医療従事者へのお礼と感謝を表す運動は今も続いていて、夜7時になると街の人たちが一斉にベランダに出て、拍手をしたり、音をたてたり、口笛を吹いて労うそうです。

困難な状況の中だからこそ、より人に対する思いやりをいう気持ちが伝わってきます。

最近は、天気の良い週末も増えはじめ、公園でくつろぐ人や運動する人、ボートで海に出る人たちも少なからずいたそうです。人との距離を保つことを条件に、外に出ることはむしろ奨励されているそうです。

4 3

今後のブリティッシュコロンビア州の対策は、フェーズ1~4の4段階に分けて徐々に規制を緩和していくようです。今はフェーズ1ですが、5月中旬辺りからフェーズ2になる見通しで、レストランやカフェ、ヘアサロン、ギャラリー、オフィス、パークやビーチなどもオープンします。その後は状況次第でフェーズ3に移行、ようやくこの段階で学校再開の方向で検討されるようです。

徐々に緩和が進んでいて、夏の訪れを前にバンクーバーの方たちの気持ちが前向きになっている様子が伝わりました。他国や他都市の近況も届きましたら随時ご報告いたします。

石井
************************************************
株式会社海外教育研究所(エデュケーションジャパン)
お問い合わせ先:03-6402-9339
メールアドレス:info@kaigaikyoiku.jp
************************************************

見えない敵との付き合い方

こんにちは。


先日、TwitterなどのSNSで【コロナ疲れ】【鬱】などのワードを利用している人が増えてきているとのニュースを目にしました。

これまでに経験した事のない状況での生活は気付かぬうちにストレスが溜まりがちです。

そのため、意識的に心身ともにリフレッシュする機会を持ちたいですね。



さて、このような状況の中で生活するヒントとして、

先日、トロント在日本領事館から届いたメールの一部を抜粋してご案内させて頂きます。



…………………………………………………………………………………

オンタリオ州の緊急事態宣言以降,状況が日々目まぐるしく変化し,先行きが不透明な中,責任ある業務に毎日気が張った状態でおられたり,経験のないテレワークが始まって自宅で不安や苛立ちを抱えたりされる方も多いと思います。また,今回のように他人との社会的距離を取らなくてはならない状況では,少なくとも物理的な面では孤立を感じることも多いと思われます。



 通常とは違う心理的な影響に対して,精神科専門医が助言する3点をお勧めします。



(1)規則正しい生活をこころがける

 テレワークや自己隔離に入ると生活のリズムが乱れがちになります。食事や睡眠時間も含め,できるだけ規則正しいいつも通りの生活を心がけて下さい。そして,少しでも運動(筋トレ,ストレッチ,ラジオ体操等なんでも)して下さい。また,アルコールやコーヒーの過剰摂取に注意して下さい。



(2)意識的に新型コロナウイルス関連情報から離れる時間を作る

 新型コロナウイルス関連の情報も次々と変化し,情報があふれていますが,一方的な情報の詰め込みは集中力・処理能力の低下を招きます。特に寝る前にスマホでネットニュースを追い続けるのは意識して避けましょう。ゆっくり入浴したり,丁寧に部屋を掃除したり,コロナから離れる時間を作りましょう。



(3)意識的に誰かと連絡をとる

 今回は物理的に距離をとらざるを得ない状況ですが,現代は様々なコミュニケーション手段があります。普段より積極的にお互いあまり気を使い過ぎずに,メールや電話,その他の手段で連絡を取り合うことを勧めます。実は周りの皆も不安を感じており,連絡があるとうれしく感じてくれると思います。



…………………………………………………………………………………

皆様もご存知の通り、本日、全都道府県に緊急事態宣言が出されました。

実際に自分が行動が制限される状況に身を置かれたときに、上記メッセージを思い出したため、ここに共有させて頂きます。



また、こういう逆境の時こそ、一人ひとりの【レジリエンス力(回復力、復元力、弾力性)】が求められます。

レジリエンスは私たちが留学を通じて生徒達に身に着けてほしいスキルの一つでもあります。

このレジリエンスについては後日、もう少し詳しくご案内出来ればと考えております。



皆様も心身の健康に留意頂き、ご自愛ください。

************************************************
株式会社海外教育研究所(エデュケーションジャパン)
お問い合わせ先:03-6402-9339
メールアドレス:info@kaigaikyoiku.jp
************************************************

プロフィール

エデュケーションジャパン

Author:エデュケーションジャパン
小学生~大人までの海外留学をお手伝いするエデュケーションジャパンスタッフのブログです。

カテゴリ

留学リンク

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
Copyright © エデュケーションジャパン