FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際機関で働く方法について

こんにちは、海外教育研究所の小澤です。

留学を考えている人の中には、将来海外で働きたい人や、英語を使って働きたい人もいると思います。
そこで、今回は国際機関で働く方法についてお話できればと思います。

国際機関とは、以下のようなものを言います。
みなさんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

国連児童基金 UNICEF
経済協力開発機構 OECD
世界保健機関 WHO

国際機関で働くための応募方法は、一般的にはあまり知られていないですよね。
代表的な応募方法としては、以下の3つが挙げられます。

①空席広告を確認する。
②外務省実施のJPO派遣制度を利用する。
③国連実施のYPPに応募する。

この3つについて、詳しく説明していきます。

①について
国際機関職員の退職や転任によって欠員が出た場合に、各国際機関のウェブサイトに「空席広告」が掲示されます。
各国際機関の空席広告を一つ一つ見ていくのは大変ですが、
国際機関人事センターのHPを開き、「最新の空席情報」をクリックすることで、最新の空席一覧がまとめて確認できます!

②について
国際機関で働く正規職員を志望する若手の日本人を対象に、原則2年間、各国際機関へ職員として派遣します。
派遣期間終了後に、7割の方が様々な国際機関に正職員として採用されています。
残りの3割の人たちも、JICAなど何かしらの国際的な仕事に付いています。

③国連実施のYPPに応募する
YPPとは、国連事務局が実施するヤング・プロフェッショナル・プログラム(YPP)の略です。
国連事務局が若手職員を採用するために行うプログラムで、年に一度試験が行われます。
試験に合格し、オファーされた人は2年間の勤務のあと、勤務中の態度や成績が良ければ引続き採用されます。


3つの方法のうち、一番国際機関で働くために近道なのは②です。

JPOが終わった7割の人たちは、その後に正規職員として採用されています。
そして、残りの3割の人たちも、その他の国際機関に就職するなど、別の形で国際的な仕事に就かれています。
就職が保証されているわけではありませんが、国際機関で働いていた経験は必ず別の機会でも役立つことと思います。


日本人のまじめさは国際的にもとても評価が高いので、将来海外で働きたいと思っている人は、国際機関で働くことも視野に
入れてみるのはいかがでしょうか。


国際機関で活躍するには、英語力は必須条件となります。
語学留学はもちろん、より本格的に学びたい場合は、大学や大学院にて国際関係学、平和学、紛争学、国際開発学などを
海外で学習することも、これらの進路を目指す方への架け橋となります。

特に国際関係学イギリスアメリカが進んでおり、日本では得られない本格的な内容、実習が含まれると言われています。

大学進学は期間が長すぎるという方には、大学の学部ヲ1~2学期のみ単発で受講することのできる大学も増えてきています。

ご自身の希望留学期間やご予算に合わせて、アレンジができますので、ご興味のある方は是非直接ご相談ください。

【ご相談先】
☆お電話でのお問い合わせ⇒03-6402-9339
☆メールでのお問い合わせ⇒inquiry@kaigaikyoiku.jp

スポンサーサイト

はじめまして

こんにちは
この度、新しく海外教育研究所に加わりました、田村千恵美です。

私は新潟の田舎でとても日本的な古風な環境に生まれ育ちましたが、高校時代に海外に興味を持ったことから、家族の反対や資金準備などの課題を乗り越え、無事にアメリカ留学を実現しました。

ニュージャージー州中部で欧州や中東からの移民が多く日本人を見かけることはほとんどない地域でしたが、留学中に出会った数少ない日本人を含め、国籍や人種に関わらずとても深い交流ができ、卒業後10年以上たった今でも良い仲間としてつながりを持っています。この留学で得られたことは大学での学問だけでなく、国籍や人種を超えた人脈、挑戦する力、様々な環境に対応する力、経験から学ぶ力など様々です。日本では専門学校しか出ていない私でも、思いと努力で他国の大学に入学・卒業できたことは、その後の人生の力になりました。

帰国後は、公益団体や教育機関で国際交流や国際理解教育、海外インターンシップ、海外ボランティアなどの企画・運営に携わってきたなかで、海外で刺激を受けて目を輝かせて成長する人たちをたくさん見てきました。これらの経験から、少しでも海外や留学のことに興味を持っている方は、「今がその時」と思ってアクションを起こしてほしい。また留学中の方や留学経験者にはその経験を振り返り学びに変えていってほしいと思っています。

これから新たに挑戦しようとする人たちの背中を押せるような、また良きサポーターになれるよう、努力していきたいと思います。これからたくさんの方の留学に携われることを楽しみにしています。

田村千恵美
Chiemi 2

年末年始休業のお知らせ

弊社は下記の通り年末年始の休業とさせて頂きます。



休業期間:2013年12月29日(日)-2014年1月5日(日)



この間のお客様からの問い合わせに関しては、1月6日(月)以降、順次対応させて頂きます。

ご不便をお掛けし恐れ入りますが、何卒ご了承頂きますようお願い申し上げます。

新年が皆さまにとって幸多き年になりますよう心よりお祈り申し上げます。

良いお年をお迎えください


CIMG0538 1



海外教育研究所 スタッフ一同

Tel: 03-6402-9339 Email: info@kaigaikyoiku.jp

小中高留学:www.kaigaikyoiku.jp

大学生・社会人留学:www.edujapan.jp

はじめまして 山本翠です

初めまして
9月から入社した山本翠と申します。

私が、初めて一人で海外に行ったのは、カナダのバンクーバーでした。
2カ月間語学留学をしましたが全く英語が話せず、当時高校生だった
私はホームシックになり、最初の1、2週間は泣いてばかりでした

3週目位からようやく周りの環境に慣れ、いつの間にかホームシックは
なくなり英語力もだんだん伸びていきました。

2か月では足りない!もっと伸ばしたい!もっと勉強したい!日本に帰りたくない!

と最終的には思えるほどに成長しました

その後、短大でも短大在学中に留学ができる学校を選び、オーストラリア
のメルボルンに半年留学をしました。

留学2回目ということでホームシックになることもなく、とても充実した留学生活を
送ることができ、あっという間に半年が過ぎていきました。

短大卒業後、オーストラリアのメルボルンに再び戻り、今度は大学進学を目指す
ことにしました。今までは英語を学びたい!という気持ちでいっぱいでしたが、
『英語で何かを学ぶ』という次のステップに挑戦することにしました。

私は前からビジネスに興味があったので、大学でビジネスを専攻する事にしました。
日本人は全くおらず現地の方ばかりで最初は戸惑いましたが、オーストラリア人は
とても温かく優しい人柄で、すぐクラスにも馴染め、良い友人もたくさん出来ました。
大学生活では課題などほぼ毎日あり、正直しんどかったです。

でも、このような体験をすることができ精神的にも強くなれましたし、途中で投げ出す
こともなく、留学して本当に良かったと思っています。

留学をして得られることはたくさんあります。

例えば、

英語力
留学をやりきった自信
留学先で知り合った友人
グローバル感覚

留学したからこそ得られるものです。これが留学の魅力だと思います。

このような経験を活かし、これから行かれる方、ご検討中の方のお手伝いが少しでも
出来ればと思い、この仕事に就きました。

私にとって初めての就職なので至らないこともあるかもしれませんが、精一杯皆様の
お手伝いをさせていただきたいと思っております。

私のモットーは『日々、勉強。 日々、向上』です

これからどうぞよろしくお願いいたします。
私達と一緒に皆さんの留学を素晴らしいものにしていきましょう!


山本翠


Midori+Yam_convert_20120907200215_20120907200420.jpg


お電話:03-6402-9339
Email:inquiry@kaigaikyoiku.jp

小中高留学:www.kaigaikyoiku.jp
総合留学:www.edujapan.jp

海外教育研究所

新東京オフィスのご案内

こんにちは。今日は皆さんにお知らせがあります

2月12日(金)を持ってエデュケーションジャパン/海外教育研究所は業務拡大に伴い、
東京オフィス『芝浦』から『汐留』に移転致しました。

新住所、並びに連絡先は下記の通りです。


〒105-0021東京都港区東新橋2‐18‐3ルネパルティーレ汐留701
電話番号:03-6402-9339
FAX番号:03-6402-9340


汐留の開発地域イタリア街の中にあるビルの一つに新しいオフィスがあります。

イタリア街という名前の通り、この区画に一歩足を踏み入れれば外国情緒あふれる雰囲気が漂っており
特に女性の方には喜んで頂けそうな佇まいです。すでに弊社の女性スタッフは『素敵~素敵~』の連発です

それもそのはず。イタリア街はよく雑誌の撮影や音楽PVのロケ地にもなっているらしく、
引越し当日も何かの撮影隊が広場に集まっていました

オフィスも広くなり温もりある空間となっています。
是非是非、オフィスでのご相談にお越しくださいませ。

心機一転、頑張って参りますので、今後とも宜しくお願い致します。

写真は追ってアップさせて頂きます!





プロフィール

エデュケーションジャパン

Author:エデュケーションジャパン
小学生~大人までの海外留学をお手伝いするエデュケーションジャパンスタッフのブログです。

カテゴリ

留学リンク

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
Copyright © エデュケーションジャパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。