FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク出張にて(Pratt Institute:芸術大学)

こんにちは。
海外教育研究所(エデュケーションジャパン)の亀井です。

12月の末も近づいているというのに今日は最高気温16度!
今年は11月に東京で56年ぶりの積雪があったり、今日のように秋の陽気になったりと、何とも気まぐれな陽気ですね。
そして今日は冬至。
1年で最も日暮れが早い日ですね。
最近はお昼を過ぎるとすぐに夕暮れになっていましたので、1日過ぎるのがとても早く感じていましたが、
これから日照時間が長くなると思うと、訳もなくウキウキします^^♪

そんな前置きはさておき、12月の上旬にニューヨーク出張に行って参りました。
ニューヨークも午後5時くらいには暗くなりはじめ、夜にはマイナスになることもしばし。
日本より寒さは厳しいですが、クリスマスのイルミネーションがホッと心を温かくしてくれる1週間でした^^

CIMG0573 - コピー

今回は滞在中に訪問した大学の一つ、【Pratt Institute(芸術大学)】のキャンパスツアーで得た情報を共有させて頂きます。

【Pratt Institute(芸術大学)】
・Brooklyn校Manhattan校の2つのキャンパスを所有

今回視察した校舎はBrooklynキャンパス:
・Brooklyn校がメインキャンパスとなり、敷地内にはほぼすべての学部棟とレジデンスが密集。マンハッタンまでは電車で30分以内の高立地。ブルックリン校は近代的な建物が多いマンハッタンとは異なり赤レンガ造りの建物が多く、閑静なレジデンシャルエリアの一角に学校がある為、とても落ち着いた雰囲気。
大学1年生の90%は学内のレジデンスに住み、2年生以降は30~50%の学生が住み続けるとのこと。
大学のレジデンスは学年により分かれており、各レジデンス内にはラウンジとフリースペースが設けられており、アート課題やワークを多くこなす芸大生には嬉しい施設が満載。

また、同大学はネコとのかかわりが深い?らしく、キャンパス内に大学の資金で飼いならされているネコが数匹住んでいるとのこと。大学内でネコの餌槍をしたりネコに挨拶をする様子が微笑ましかった。
大学の雰囲気自体は、アメリカで俗に言うパーティー大学ではなく、比較的落ち着いた大学。

その他の補足情報:
・キャンパス周辺には2つの材料用品店があり、基本的な画材などはここでそろう。変わったものを購入したい場合は、マンハッタンへ。
・キャンパス内にはスタバが3つ、食堂も大きいものが2つ。
・講師の99%が現役アーティストや企業で活躍をしている方。
・同大学のCareerセンターは非常に利用価値が高いとのこと(by 在校生)、卒業生はいつでも利用できる。
・インターンシップが必須となる学部は、WritingとFashionメジャー
・Long Island Universityのスポーツ設備も利用可能
・女子生徒が若干多い。
・今回キャンパスツアーをしてくれた在校生は、Prattの魅力を‘自分をアーティストとして扱ってくれるところが良い’と語っていた。また、芸術に関わる様々な学部を有する為、学部をまたいで知識やスキルを共有することができる、チームで活動することができることも魅力的とのこと。メイン学部以外の科目も履修可能。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
Pratt Institute Pratt



以上、簡単ではありますがニューヨークの最新大学情報でした。

私共のもとにはアートやデザインを学びたい学生さんの相談も多く受けております。
芸術大学の多いニューヨークにはPrattの他にParsonsやFIT、LIM、SVAなど様々な芸大があり、各大学で得意分野が異なります。

もちろんニューヨーク以外の都市や国にも芸術を学ぶことのできる大学は多くありますので、海外の芸術大学を目指したい方は是非ご相談ください。

【ご相談先】
☆お電話でのお問い合わせ⇒03-6402-9339
☆メールでのお問い合わせ⇒inquiry@kaigaikyoiku.jp

スポンサーサイト

プロフィール

エデュケーションジャパン

Author:エデュケーションジャパン
小学生~大人までの海外留学をお手伝いするエデュケーションジャパンスタッフのブログです。

カテゴリ

留学リンク

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード
Copyright © エデュケーションジャパン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。